【顔画像】どくさいスイッチ企画とは誰?本名などWiki経歴!高校や大学など学歴は?

芸能

2024年2月11日、ピン芸人の日本一を決める「R―1グランプリ2024」の決勝進出者9人が発表されました。

その中でも、史上初、唯一のアマチュア芸人である「どくさいスイッチ企画」さんが決勝進出を果たし話題になっていました。

どくさいスイッチ企画という名前はあまり聞いたことがありませんね。

世間的にも認知度はあまり高くなさそうです。

そこで本記事で、どくさいスイッチ企画さんのプロフィールなどをまとめました。

どくさいスイッチ企画とは誰?本名や年齢などWiki経歴学歴!

どくさいスイッチ企画さんのプロフィールです。

  • 芸名:どくさいスイッチ企画
  • 本名:青山 知弘(あおやま ともひろ)
  • 別名義:銀杏亭魚折・ウォーリー
  • 生年月日:1987年9月
  • 年齢:36歳
  • 出身:神奈川県
  • 在住:大阪府
  • 趣味:音楽を聴くこと
  • 特技:創作落語
  • 事務所:無所属

「どくさいスイッチ企画」というパンチのある名前ですが、由来が気になりますよね。

由来は、ドラえもんの秘密道具である「どくさいスイッチ」からきているそうです。

複数ではなく一人だけでも頑張って活動していくという意思を表すため「どくさい」という言葉を使い、また、団体っぽさを出すために「企画」という言葉をつなげたと明かしています。

そんなどくさいスイッチ企画さんは、大学在学時は落語研究会に所属、「銀杏亭魚折」という名前で活動していました。

なんと、落語の経験があるのですね。

2009年、大学4年の時に全日本学生落語大賞を受賞しています。

そして大学卒業後、プロの落語家は目指さずに大阪で就職。

2011年、「R-1ぐらんぷり」に初出場を果たしています。以降、2014年まで毎年出場しますが最高で2回戦進出止まりでした。

落語家としては、社会人落語を中心に活動を続け、25歳の時に社会人落語日本一決定戦で優勝しました。

スイッチ企画さんは、アマチュア落語家として史上初、策伝大賞・社会人落語日本一の二冠を達成しました。

2020年、「ご年配の方を集めることができなくなった」として落語をやめてしまいます。

同年9月、コント中心のピン芸人として活動をしていきます。

2021年、R-1グランプリに8年ぶりに出場し準々決勝に進出しました。

2023年、アマチュア芸人の頂点を決定する「全日本アマチュア芸人No.1決定戦2023」で優勝を果たします。

また同年、新人お笑い尼崎大賞の漫才・コント部門にて奨励賞を受賞しました。

そして今年の2024年、R-1グランプリで決勝に初めて進出しました。アマチュア史上初のR-1ファイナリストとなり話題になっています。

事務所に属さずアマチュアとして決勝に残るなんて凄いですよね。

もしかしたら落語で培った技能が影響しているのでしょうか。

ちなみにスイッチ企画さんは活動によって名前を使い分けています。

  • 落語家・落語作家として活動:銀杏亭魚折(いちょうてい ウォーリー)
  • 大喜利プレイヤーとして活動:ウォーリー

このように使い分けているそうです。

また、普段はサラリーマンとして一般企業の事務職で働いているそうですよ。

高校や大学など学歴は?

スイッチ企画さんの出身高校はどこなのでしょうか?

高校は「兵庫県立長田高等学校」に通っていました。

偏差値は「72」です。

住所:〒653-0821 兵庫県神戸市長田区池田谷町2丁目5

かなり学力が高い学校に通っていたことがわかりますね。

そして高校を卒業すると「大阪大学経済学部」に進学しました。

偏差値は「65」です。

住所:〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1−7

高校大学を通して高偏差値の学校に通っていました。

とてもインテリな人物なのですね。

まとめ

本記事では、どくさいスイッチ企画さんのプロフィールや経歴などをまとめました。

アマチュアでありながらR-1の決勝まで進出するとは本当に驚きですよね。

普段はサラリーマンとして企業勤めをしているようですし、いつお笑いの練習をしているのか気になります。

それも、地頭の良さでカバーしているのかもしれませんね。

2024年R-1の台風の目になるかもしれません。

今後の活躍に期待しましょう。

芸能
スポンサーリンク
こっとをフォローする
こっとブログ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました