【北河内新人お笑いコンクール】歴代優勝コンビまとめ!やらせは嘘?

芸能

本記事では、北河内新人お笑いコンクールの歴代優勝コンビについてまとめます。

当該コンクールは、プラマイ岩橋がX上で「ヤラセ」と告発していました。

そして、岩橋さんをフォローする形で交野市長である山本けいさんも「ヤラセ」があったことを自身のXで告発しました。

大会の審査員を務めたことがあり公人である山本さんの発言であることから、かなり信憑性がありそうですが、実際はどうなのでしょうか?

動向に注目したいですね。

本記事ではそんな北河内新人お笑いコンクールの歴代優勝コンビをまとめていきます。

【北河内新人お笑いコンクール】歴代優勝コンビまとめ!

次なるの世代の「お笑いスター」を目指し、プロ・アマを問わず多くの芸人が、日々ネタを披露して切磋琢磨しています。
この交野の地から新しいスターが生まれる瞬間を皆で目撃しよう!!
出場者の皆様には、これからのお笑いを牽引するスターとして、この大会から飛び立ってください!!
アマチュアの皆さんも、小学生コンビから、おじいちゃん、おばあちゃんコンビまで、どんどん参加してね~☆

https://katano-owarai.com/gaiyou/

【応募資格】

  • プロ、アマを問わず結成8年目までの漫才、コント、ピン芸、グループ芸(※結成年数に養成所時代は含まず)
  • 関西在住者(コンビのうちのどちらかが関西在住、または実家が関西にあれば可)
  • 年齢制限なし

結成8年目の若手で関西在住であれば出場できるようですね。

いつから開催されているかというと、第1回大会は2020年でした。

そして今年2024年大会は第4回になり、9月開催予定となっています。

2020年第1回コンクール 9番街レトロ

1回大会は「9番街レトロ」が優勝しています。

9番街レトロは、吉本興業東京本社に所属しています。

京極風斗さんとなかむら☆しゅんさんのコンビですね。

それぞれNSC在学時に結成したコンビで卒業後も活動していましたが両方のコンビが解散していまいました。

その後、京極さんがなかむらさんを誘って、2018年11月14日に結成しました。

M-1グランプリではここ数年は準々決勝まで進んでいる実力派ですね。

2022年第2回コンクール 生ファラオ

2回大会は「生ファラオ」が優勝していました。

生ファラオは吉本興業大阪本社に所属しています。

石川さんと東武志さんからなるコンビです。

2人とも京都出身。

2人は高校のスポーツ科の同級生でした。

クラス替えや席替えが無く、3年間席が近く仲良くなったため高校の文化祭でコンビを組みました。

その後一緒の大学に行きますが、大学を辞め吉本興業NSCに入学しました。

コンビとしては2020年から活動しています。

現在のところ賞レースは北河内新人お笑いコンクール優勝のみであり、これからのコンビですね。

2023年第3回コンクール 若葉のころ

直近に開催された第3回コンクールでは「若葉のころ」が優勝。

若葉のころは、吉本興業大阪所属です。

酒井孝太さんと古田敬一さんのコンビです。

元ジソンシン酒井さんと、元きみどり古田さんによって結成されました。

前のコンビを解散した後、新しい相方を探していた酒井さんが後輩である古田さんを誘ったことがきっかけです。

コンビ名はKinKi Kids主演の同名のドラマから採用したそうですよ。

やらせは嘘?

上記の確かな実力をもつ方々が優勝していました。

プラマイ岩橋さんや山本さんが言うようにやらせはあったのでしょうか?

優勝したコンビは全て吉本所属の芸人ではありますが・・・。

優勝した9番街レトロの2人は「(あったかどうか)わからない」が「ない(と思いたい)」と気持ちを明かしていました。

真相はまだわかりませんね。

公人である山本さんが「やらせはあった」と告発したことから、大きな問題に発展していく可能性があります。

動向を見守りたいと思いますね。

芸能
スポンサーリンク
こっとをフォローする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました