【博多女子中入試願書出し忘れ】受取(受付)拒否した古賀市の公立高校はどこ?

ニュース

2024年2月29日、私立・博多女子中学校にて公立高校の入試願書を学校側が出し忘れ、生徒3人が志望校を受験出来なかったことが判明し話題になっています。

例年、今回のケースに似た話を耳にしますね。

教師も人間ですから、どんなに注意していてもエラーは起きてしまうものです。

本記事では、受取を打ち切ったとされる古賀市の公立高校はどこかを調査しました。

本件の概要

学校などによりますと、在校する中学3年生3人が古賀市にある公立高校の受験を希望していました。

この公立高校の入学試験は、多くの県立高校が3月5日に行われるのに対し、2月22日に実施されるため、願書の閉め切りは2月16日正午に設定されていました。

しかし、願書の提出を担当する学校職員が当該公立高校を県立高校と誤認し、願書の閉め切りは2月20日と思い込んだということです。

学校側は、2月16日午後2時半ごろ願書を直接、公立高校に持ち込んだ際にミスに気づいたものの、「2時間前に打ち切った」と受理を断られ、結局3人は受験できませんでした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec320af01404f9a14071792a339e8b974996eb4e

高校の願書締め切り日について、中学校の担当教員が思い違いをしてしまっていたということですね。

学校側のミスであり2時間程度の遅延であれば高校側も柔軟に対応すれば良かったのではないかと思いますがどうでしょうか。

【博多女子中入試願書出し忘れ】受取(受付)拒否した古賀市の公立高校はどこ?

報道では・・・

  • 古賀市にある公立高校
  • 入学試験は2月22日

これらの情報がヒントになりそうです。

そもそも、福岡県古賀市の公立高校は以下の2校しかありません。

  • 福岡県立玄界高等学校
  • 福岡県公立古賀竟成館高等学校

「福岡県立玄界高等学校」の受験日は「令和6年3月4日(月)」でした。

「福岡県公立古賀竟成館高等学校」の受験日は「令和6年2月22日(木)」となっています。

つまり、古賀竟成館高等学校が該当しますね。

念の為に入学願書受付期間も確認してみると・・・

入学願書受付期間: 令和6年2月8日(木)~令和6年2月16日(金)正午

https://kogakyoseikan.com/entrance/entrance02.htm

2月16日が締め日ということで報道内容と一致しています。

もちろん高校側は悪くないわけですが、志願していた学生の人生を考えると融通をきかせても良かったのではないかと思うのは筆者だけではないと思います。

世間の反応

本人が出し忘れたなら、締切後の提出を拒否しても良いと思うけど、学校が出し忘れたのは受付るべきでしょ。

願書を受け取らなかった高校側の硬直性を感じる。

兵庫県では生徒のミスではなく学校のミスの場合は「受理」するようになっています。昭和時代に初めての推薦入試の時に神戸市の中学校の進路担当者がミスって受検できなくなった過去があるからね。

引用:全てyahooニュースより

ニュース
スポンサーリンク
こっとをフォローする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました