世古口哲哉の妻(嫁)や子供など家族構成は?経歴学歴も!

ニュース

三重県明和町長である世古口哲哉さん。

町長として明和町をよくするために日々頑張っている人物ですね。

本記事では、世古口哲哉さんについて結婚しているのか、妻や子供など家族構成はどうなのかまとめました。

世古口哲哉のwiki経歴プロフィール!

世古口さんのプロフィールです。

  • 世古口 哲哉(せこぐち てつや)
  • 生年月日:1966年12月19日
  • 年齢:57歳
  • 出身:三重県明和町
  • 学歴:明和町立大淀小学校ー明和町立明和中学校ー三重県立宇治山田高等学校ー京都産業大学経済学部経済学科卒業
  • 職業:政治家、三重県明和町長(2期目)

1989年、京都産業大学卒業後に地元三重県明和町の役場に就職します。

役場に就職したということですから公務員試験を受験し見事に合格したということでしょう。

役場の中では、「教育委員会事務局施設整備推進監」や「教育委員会事務局こども課課長」を歴任しました。

主に教育分野に携わっていたことがわかります。

2018年、約20年務めた明和町役場を退職しました。

20年もの間役場につとめてきたとなると、地元に対しての想いも強いのではないかと思われます。

その想いが町長選に出馬するという選択をさせたのでしょう。

そして同年、明和町長選に出馬し初当選を果たします。

2018年12月12日、明和町長に就任。

2021年、全国史跡整備市町村協議会副会長に就任。

2022年、明和町長選で再選。 2期目となっています。

再選をしたということは町長としての活動が町民に認められているということですよね。

また、町長以外にも三重県立宇治山田高等学校硬式野球部OB会副会長を務めているようですね。

世古口さんは野球のスポーツ少年団のコーチをしていたり、元三重県高校野球OB連盟事務局長を務めたりもしていました。

このことから、世古口さんは野球がとても好きな人物であることがわかります。

他にも・・・

  • 元明和町立大淀小学校PTA会長
  • 元多気郡PTA連合会会長
  • 元明和町立明和中学校PTA会長

PTA会長なども歴任していました。

やはり教育分野に力を入れていた人物であることがわかりますね。

調査していくと、高校生の頃は野球もしていたそうですよ。

自分が経験した野球というスポーツへの恩返しとして野球に関するポストについていたのかもしれないですね。

妻(嫁)や子供など家族構成は?

世古口さんは結婚しているのでしょうか?

結論からいうと、世古口さんは結婚しています。

そして子供もいるようです。

妻(嫁)はどんな人?

調査しましたが、妻についての情報はありませんでした。

ただ、世古口さんのFacebookにはおそらく妻であると思われる女性の写真が確認できます。

しかし、妻であることを明かしているわけではないため当ブログにおいて掲載は控えさせて頂きます。

顔画像からはとても優しそうな印象の方だという印象を受けます。

世古口さんの妻はおそらく一般人であると思われます。

子供は?息子や娘がいる!

世古口さんには息子と娘がいるようです。

「伊勢新聞」における取材にて、明和町長当選時、家族から花束を受け取っている画像がありました。

世古口さんの両脇にいる息子と娘を確認できます。

画像の感じでは2人ともおそらく10~20代くらいであると思われます(マスクをしているため顔画像はわかりません)。

つまり、世古口さんが30代くらいの時に誕生した子供ではないかと思われます。

子供は共にスラッとしており、美男美女なのかもしれないですね。

家族構成は?

前述した通り、世古口さんには「妻・息子・娘」がいますので4人家族であることがわかります。

ただ、画像にないだけでもしかしたらまだお子様がいるかもしれません。

現状の調査結果からすると、おそらく4人家族で間違いないと思われます。

とても仲の良い家族という印象を持ちました。

まとめ

世古口哲哉さんの家族構成や経歴・学歴についてまとめました。

大学卒業後から地元の役所に就職しており、地元愛が強い人物であることがわかりましたね。

このような人物が市政で活躍していると応援したくなりますね。

ニュース
スポンサーリンク
こっとをフォローする
こっとブログ

コメント

  1. 迷留加少 より:

    朝8時半から役場で会議がある日に、松阪で午前4時以降迄開いている居酒屋で飲んでいて、タクシーで帰宅途中、運転手と口論になってご自宅から4km以上離れた所で下ろされ、国道23号線の上り側道を歩いていた所、農協からファミマに向かう早朝から出勤途上の派遣社員の車とぶつかって亡くなった様です。口論になった運転手は警察に事情聴取されていると思いますが、よく松阪へ飲みに行って朝帰りだった人なのか?どんな口論だったのか?明らかにされたら、事件性は否定できるでしょう。京都府和束町長が、橋を架け替えた一か月後の一部地目変更分筆登記義務の直前に、北海道標津町の美しい村集会から送り届けられた中標津町の宿の近くのパチンコ屋から、宿でない方向へ渡ろうとして、交通事故死とされていますが、直前の足取りは捜査上の支障と、通常知られたくないことにして非公開にされています。和束町長の件より、話の筋書きが良く出来ていて、事件性を疑いにくいのですが、怪しいと思う町民などが報道機関などに情報提供されると良いでしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました