【死因】ホーキング青山の病気は何だった?持病があった?

芸能

2024年2月10日、車椅子芸人として活躍していたホーキング青山さんが2023年12月12日に逝去していたと報じられました。

ただ、報道では死因については言及されていませんでした。

では一体、死因は何だったのでしょうか?

本記事でまとめました。

ホーミング青山のプロフィール!

ホーミングさんのプロフィールです。

  • 本名:青山世多加(あおやませだか)
  • 生年月日:1973年12月7日
  • 享年:50歳
  • 出身:東京都大田区
  • 血液型:O型
  • 事務所:株式会社ホーキング青山プロモーション

青山さんは、先天性多発性関節拘縮症という病気を持ち、生まれた時から両手両脚は使えなかったということです。

先天性多発関節拘縮症とは文字通り、生まれつき四肢の関節可動域が硬い症状を有していたということです。

関節が硬いため自分の意思に合わせて関節を屈伸できない病態だったようですね。

そんな青山さんは1994年6月、若手芸人コンテスト「すっとこどっこい」にて、身体障害を持つ芸人「ホーキング青山」としてデビューを果たしました。

デビュー以降、障害ネタを披露しテレビや雑誌などで話題となり活躍を続けます。

そして2002年、東京スポーツ新聞社主催「ビートたけしのエンターテインメント賞」の日本芸能大賞受賞。

また2019年、「ビートたけしのエンターテインメント賞」の特別芸能賞に輝いています。

さまざまな媒体からも講演依頼が届き、忙しい日常を過ごしていました。

【死因】ホーキング青山の病気は何だった?持病があった?

報道では・・

関係者によると、昨年11月ごろに体調の不調を訴え、自宅で療養していたが、12月になって容体が急変。最期は親族が看取ったという。昨年11月までは公式youtubeチャンネルの配信を続けており、同25日の投稿が最後となった。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.goo.ne.jp/amp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20240209-0308.html%3Fusqp%3Dmq331AQGsAEggAID

2023年11月頃から体調が崩れたとありました。

そこで、青山さんのSNSを調査すると・・

2014年という過去の投稿になりますが、自身の体調について呟いていました。

しかし、10年前の投稿であり今回の死因とは直接関係はなさそうです。

また、自身のYouTubeチャンネルでアップしていた動画では・・

2023年5月の投稿ですが、膝の痛みについて言及していました。

ただ、どうやら器質的な問題はなかったようであり痛み止めを飲んで治ったと明かしていたため今回の死因とはやはり関係なさそうです。

他にも調査しましたが、体調不良に関する情報は一切ありませんでした。

そうなると、もしかしたら公表していない病気を患っていた可能性があり、その病気が悪化したと推察されますね。

また、少なくとも先天性多発性関節拘縮症が影響しているということはなさそうです。

ホーキング青山は結婚している?

ホーキング青山さんは結婚していたのでしょうか?

調査したところ、青山さんが結婚したという情報は一切ありませんでした。

また・・・

通夜・葬儀は近親者のみで執り行った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f17ee97b2f4dbf96dbed447259b3ef73f9cf2b4

場合によっては喪主などの報道からご家族の方の名前が挙がることがありますが、特にそのような情報もありませんでした。

青山さんの過去のSNSを遡ると2011年の投稿で南野陽子さんの結婚について言及している際に、自身は結婚していないことを明かしていましたが、それ以降は結婚についての情報はありませんでした。

つまり、おそらくですが青山さんは結婚はしていなかった可能性が高いのではないかと思われます。

まとめ

ホーキング青山さんの死因などについてまとめました。

まだ50歳という若い年齢でありながら急逝してしまい本当に残念です。

心からご冥福をお祈りいたします。

芸能
スポンサーリンク
こっとをフォローする
こっとブログ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました