【ダイソー社長】矢野博丈の妻(嫁)や息子など家族構成は?Wiki経歴も!

芸能

2024年2月19日、今月12日に100円均一ショップ「ダイソー」を展開する大創産業創業者、矢野博丈さんが心不全のため逝去されたと報じられました。

突然の報道で驚いた人も多いと思います。

そんな矢野さんについて、家族構成や資産について気になりますね。

そこで本記事にてまとめました。

矢野博丈のWiki経歴プロフィール!

矢野さんのプロフィールです。

    • 名前:矢野 博丈
    • 生年月日:1943年4月19日
    • 享年:80
    • 出身:広島県東広島市
    • 学歴:広島県立広島国泰寺高等学校ー中央大学理工学部二部土木工学科卒業
    • 職業:実業家(大創産業創業者)

    矢野さんは中国北京市で8人兄弟の5男として誕生しました。

    敗戦後は日本に戻り、広島県賀茂郡久芳村(現・東広島市)に移りました。

    高校時代はボクシングで活躍し、1964年東京オリンピックの強化選手に選ばれるまでになっています。

    矢野さんは大学に進学し学生結婚を果たしています。そしてそれを機に現姓名に変更しました。

    大学卒業後は妻の実家のハマチ養殖業を継ぎますが、3年で倒産してしまい700万の借金を負いました。

    その後様々な職種に9回転職を重ねます。

    そして1972年、雑貨をトラックで移動販売する「矢野商店」を創業。

    その後、均一価格での商売に弟子入りしました。

    1977年、のれん分けし「大創産業」として法人化。

    1987年、「100円SHOPダイソー」の展開に着手。1990年代後半から売上げを伸ばしていき現在に至ります。

    妻(嫁)や息子など家族構成は?

    前述したように、矢野さんは妻と学生時代に知り合い、大学生の頃に学生結婚しています。

    そんな妻の名前は「勝代」さんといいます。

    矢野さんは大学卒業後、勝代さんの実家である広島県尾道市の魚問屋を継ぎました。

    その後、3年ほどで経営が悪化。

    矢野さんと勝代さんは当時2歳半の息子を連れ、1969年に上京しています。

    上京後、矢野さんは勝代さんと2トントラックに雑貨品を積み込んで全国各地を移動販売しています。

    矢野商店を開く前後は2人共多忙であり、寝る暇も惜しみ協力して働いていたそうです。

    2人の絆を感じさせるエピソードですね。

    勝代さんの顔画像などは一切情報がありませんでした。

    息子は2人いる?

    矢野さんには息子が2人います。

    長男は「寿一」さんといいます。

    現在は、奈良県立医科大学微生物感染症学講座の教授を務めているそうです。

    長崎大学医学部を卒業しており、医師免許を取得しています。

    次男は「靖二」さんといいます。

    現在は、大創産業の社長を務めていました。

    2人ともに社会的なステータスが高い人物であることがわかりますね。

    両親の教育が良かったに違いありません。

    家族構成は?

    以上から、矢野さんの家族構成は「本人・妻・長男・次男」の4人家族であることがわかりました。

    芸能
    スポンサーリンク
    こっとをフォローする

    コメント

    テキストのコピーはできません。
    タイトルとURLをコピーしました